ズボラな週末ガーデニング

多年草、宿根草を中心に、少し一年草とバラ。主に初心者向けのガーデニング情報!

★多年草・宿根草

ようやく咲いたユリオプスデージーが満開!

秋から春に咲く花として期待して植えたユリオプスデージー。 近所では寒い時期から元気に咲いている姿をよく見かけた。 しかしわが家のユリオプスデージーは植え替えの影響か、冬には全然咲いてくれず、春になってようやく株いっぱいの花を咲かせてくれた! …

花期が長く、冬の花壇を賑わす! 3年目のギョリュウバイ

ガーデニングを始めて最初の冬に開花した苗を迎えたギョリュウバイ。 翌年には大きく成長して、他の花が減る冬季にもたくさんの花を咲かせて庭を賑わせてくれた。 そして今シーズンの冬~春、さらに成長した姿で3回目の花を楽しませてくれている! 鉢植えだ…

植えっぱなしOKのラナンキュラス・ラックス「ロティス」! 1年目の成長記録

別記事でいわゆる普通のラナンキュラスについて書いたが、こちらは植えっぱなしOKとうたわれているラナンキュラス・ラックス。 普通のラナンキュラスは、春の終わりに球根を掘り上げて、また秋に植え直すのが一般的だが、この品種は夏でも植えっぱなしで翌年…

バラのような花がお手軽に! ラナンキュラス・早春のジュエリー

ラナンキュラス……この花に出会ったのは昨年の春ごろだったか。 園芸店で冬~早春に咲くバラのような花を見かけて、かなり心が魅かれたのを覚えている。 ただ少し調べると、球根植物ではあるものの毎年咲かせるには、花後に球根を掘り上げて保管し、また秋に…

1年目のクレマチス・流星が初開花! 涼しげな花色に魅了される!

今年の初め、ついに手を出したクレマチス「流星」。 植え付けから5ヶ月、無事に成長して、ようやく花を咲かせてくれた! 初めてなので誘引などの勝手もわからずに何となく育てているだけであるが、バラを追いかけるように開花し、可憐な花を見せてくれてい…

常緑で春に毎年咲く! 3年目のイベリス・ブライダルブーケが満開!

「毎年春にお世話になっています」と書き出したくなる宿根草(常緑低木)、イベリス・ブライダルブーケ。 花のない時期も常緑で、花壇の一角を彩ってくれる。 そして本領発揮の春、葉が見えなくなるくらいの無数のブーケのような白花で覆われて、目を楽しま…

枯れたかと思ったエビネラン(ジエビネ)が今年も開花!

昨年近所の方から突然頂いた、エビネラン(ジエビネ)。 初めは「ラン」の仲間らしい……ということしか分からず植えたが、コメントで教えてもらい、品種が判明した。(当時教えて頂いた皆様、ありがとうございました!) そのエビネランだが、昨年春に花を咲…

今年も植えっぱなしでたくさんの花が! 3年目のハナニラ

3月中旬頃に咲き始めるキバナハナニラに続き、3月下旬に入って普通のハナニラの開花もどんどん進んできた! 毎年ほとんど同じ姿のキバナハナニラに対して、こちらは年を追うごとに株が大きくなり、花数も増えてきている。 完全に植えっぱなしで、水やりも…

さらに迫力を増した2年目のムスカリが咲き並ぶ!

自分が大好きな青~紫系の穂状の花の一つ、ムスカリ。 今年も植えっぱなしで、律儀に青紫色のブドウのような花を見せてくれた! 昨年よりも、明らかに株が充実して、花の数も増えている! ほとんど手間もかからず、毎年春になると花を咲かせてくれる、ガーデ…

3月後半~4月に毎年咲く! 3年目のキバナハナニラ

ズボラガーデニングの強い味方、植えっぱなしで勝手に増えて何年も花を咲かせてくれる宿根草の一つ、キバナハナニラ。 今年も植えっぱなしで、水やりも肥料も全くやっていないにもかかわらず、3月後半には律儀に花を咲かせてくれた! 欠点としては花期がや…

忘れた頃にひょっこり春を告げる! 3年目のスイセン・ティタティタ

一昨年の初めに何となく植えたミニスイセン「ティタティタ」が、今年も綺麗な黄色い花を見せてくれた! 初夏~冬は完全に地上部がなくなるので、存在すら忘れていた1月頃になって急に緑色の葉を出してきて、わりとすぐに花を咲かせてくれる。 一度植えたら…

庭の片隅で春を告げる可憐な花、2年目のスノードロップが開花!

冬の終わり頃から春を告げるように咲き始める、白く可憐なスノードロップが2年目の開花! 昨年は植え付けが遅く、芽出し球根からの開花だったが、2年目の今年は完全に地上部がなくなってからの開花なので実に感慨深い。 1年間、完全に放置でも気がつくと…

クレマチス「流星」の購入、そして植え付け!(地植え・冬)

バラを育て始めて以来、そばに植える植物として、この「クレマチス」はずっと気になっていた。 バラにはない(少ない)青系や紫系の花色が、バラとの相乗効果を引き出し、美しい風景をつくるので、いずれは手を出そうと思い「趣味の園芸」での紹介やネット上…

神秘的な紫色の花が再び! 2年目のアスター・ミステリーレディ

ガーデニングを始めてから最初の1年、むさぼるように様々なガーデニングサイトやブログを読み漁り、独特な花色に魅かれて購入したアスター・ミステリーレディ。 園芸店に通ってはこの花の苗を探した日々、そしてついに売られているのを見つけたときの喜びが…

暑さに強く、一年中頼りになる! 2年目のスーパーゼラニウム・ネオンスポット

昨年の春に花壇の中央に植えたスーパーゼラニウム・ネオンスポット。 購入時のラベルに「半耐寒性」とあったので、地植えで冬越しできるか不安だったが、昨冬は記録的な暖冬だったためか、無事に冬を越えて今年も1年中ピンク色の花を見せてくれている。 1…

さらに迫力を増した、2年目のアスター・ロイヤルルビー!

ガーデニング1年目、何も分からずラベルで衝動買いしたアスター・ロイヤルルビー。 ほとんど何もしていないのに、2年目の葉や茎を元気に茂らせて、再びルビーレッドの花をたくさん咲かせてくれた! ガーデニングを始めるまで「宿根草」という分類すら知ら…

一回りも二回りもボリュームアップ! 2年目のサルビア・サリーファン

昨シーズン、多年草(宿根草)ながら6月~1月(ぎりぎり2月も?)の長い間花壇で花を見せ続けてくれた栄養系サルビア「サリーファン」が今年も葉を茂らせてたくさんの花を見せてくれている! 暑い夏にぴったりの爽やかな花色で花壇の一角を涼しげに飾り、…

可憐な青紫色の花が美しい! キキョウ・センチメンタルブルー

イングリッシュガーデン(風)の庭を目指しているので、植える花は必然的に洋風の植物が多く、これまで和風な感じの植物はあまり植えてこなかった。 だがこの「キキョウ」は、そもそも青~紫色系の花が好きなこと、そしてその可憐な花姿から、昨年のうちから…

ノーブランドのナデシコも十分楽しめる! 飛び立つような花姿が素敵!

別記事でサントリーのブランド苗のナデシコ「miite(ミーテ)」を紹介したが、こちらは園芸店での購入時に「ナデシコ」としか書かれていなかったもの。 購入時に既に花が咲いており、その鮮やかなピンク色と、ナデシコ独特の甘い香りに誘われて衝動買い。 ネ…

薄紫色の穂状の花が美しい! 2年目のベロニカ・ロンギフォリア

大好きな穂状の花、ベロニカ・ロンギフォリアが2年目を迎え、今年も薄紫色の花を元気に咲かせてくれた! イングリッシュガーデン(風)の花壇をつくりたいと志してから、かなり初期に購入候補に挙がっていて、園芸店で見つけたときに歓喜したことが思い出さ…

つぼみまで雪のように真っ白! ラベンダー・スノークリスタル

イングリッシュガーデン(風)の庭を目指しているので、やはりラベンダーは欠かせないだろう。 と、偉そうに言っているが、自分はガーデニングを始めるまで、ラベンダーの「花」部分は縦に30 cmくらいあるものと勘違いしていた程度の人間(笑)。 実際に園芸…

巨大化するシルバーリーフ! アルテミシア・ボイスキャッスル

別記事で書いたが、同じ学名の「アルテミシア」に惑わされて「アサギリソウ」と間違えて買ってしまった植物である(笑)。 そんな間違いで買われる植物も気の毒だが、結果としては庭の一角を存在感ある姿で埋めてくれ、良い出会いであったように思う。 やや…

2年目のルリマツリ(プルンバーゴ)が満開! 神秘的な青紫色に魅了される!

1年目に神秘的な青い花をたくさん咲かせてくれたルリマツリ(プルンバーゴ)が、2年目を迎えてさらに充実した開花を見せてくれた! この品種は、「趣味の園芸」で紹介されていたのを見て欲しくなり、その日のうちに園芸店へ走り、購入したものである。 そ…

こんもりとしたシルバーリーフならアサギリソウ! ふわふわの葉で癒される!

シルバーリーフを調べていて、最も惹かれたのがこのアサギリソウであった。 ヨモギのような葉がまさに「シルバー」という感じで、繊細なイメージの葉が陽を浴びて美しく輝く姿が魅力的である。 簡単にこんもりとした草姿になってくれるので、ガーデニング初…

サントリーの花苗、miite(ミーテ)を育ててみた! 株いっぱいに咲き誇るナデシコ!

昨年の春ごろ、「ナデシコ」という花を知った。 いや、もちろん「大和撫子」という言葉くらいは知っていたのだが、そもそも「ナデシコ」が花の名前であることを特に意識していなかった。 園芸店でその甘い香りとともに存在を知ってすっかり魅了され、「(ラ…

2年目のアラリア・サンキング! 今年もライムグリーンの大きなカラーリーフが復活!

以前記事にしたアラリア・サンキングが、今年も成長してライムグリーンの大きな葉を見せてくれている! 宿根草なので冬に地上部がなくなり、「これ、枯れちゃったんじゃないかな…?」とか思っていたら、気がつくと芽を出してぐんぐんと育ってくれる。いつも…

アガパンサスが2年目でついに開花! まさに弾ける青色の花火!

昨年3月に植えたアガパンサスが、2年目を迎えてついに開花! 昨年1年間は、雑草のようにピョコンと生えている葉っぱを眺めていただけだったので感無量である。 青色のアガパンサスは、まさに青い花火が弾けているようで実に美しい。 梅雨時の少し暗い気持…

ボーダーガーデン中段にピンクの彩りを! フロックス・フォーエバーピンク

フロックスという植物を知って植え付けを検討していた頃、京成バラ園のガーデンセンターにてチョロチョロと葉が出ているだけの「フロックス・フォーエバーピンク」を見つけた。 「フォーエバーピンク」とはまた大層な名前である。永遠のピンク……? シカゴ博…

ルビーレッドの無数の花! アスター・ロイヤルルビー

前に紹介したミステリーレディは小さくまとまるタイプだったが、こちらはわりと大きく育つアスター。 ルビーレッド(という色もこの花で初めて知ったが)の花が株いっぱいに咲いてくれる。そして宿根! 名前もいいですね。まるで王宮のルビーのようなイメー…

2m超えの大迫力! 茎いっぱいに咲くアルセア(タチアオイ)・チャターズピンク

アルセア、別名はホリホック、またはタチアオイなどとも呼ばれる花がある。 6月くらいになると身長くらいの高さに長い茎を立てて、茎の途中に10~15 cmくらいの花をたくさんつける植物である。 この季節になると、畑の周辺や道端に植えられているのをよく見…