ズボラな週末ガーデニング

多年草、宿根草を中心に、少し一年草とバラ。主に初心者向けのガーデニング情報!

冬から春の花壇に最適! ガーデンプリムラ・アラカルトシュシュ(ピンク)

昨シーズンも育てたガーデンプリムラ・アラカルトシュシュ。 昨年はイエローの品種を育てたが、今年は花壇の前面を鮮やかに飾ってもらうべく、ピンクの品種を植えてみた。 冬の花の少ない時期から春になるまで地植えでも咲き続けてくれて、実に貴重な植物で…

風に揺れる黄花が素敵! クリサンセマム・ムルチコーレ「アップライトイエロー」

クリサンセマム……といえば、冬に素敵な白花を咲かせる一年草であるノースポールの別名だと思っていた。 そんな中、園芸店でこのクリサンセマム・ムルチコーレ(アップライトイエロー)の可憐な黄色い花を見かけて、衝動買い。 後で調べてみると、かつて同属…

ピンクの控えめな花を次々咲かせる! ローダンセマム「マーズ」成長記録

春~秋に宿根草のアラリア・サンキングが彩ってくれる庭の一角が冬には空いてしまうので、毎年この場所にはノースポールなどの一年草を植えている。 昨年はローダンセマム・リルピンクを植えたが、夏の暑さで姿を消してしまったので、今年は園芸店で見かけた…

ようやく咲いたユリオプスデージーが満開!

秋から春に咲く花として期待して植えたユリオプスデージー。 近所では寒い時期から元気に咲いている姿をよく見かけた。 しかしわが家のユリオプスデージーは植え替えの影響か、冬には全然咲いてくれず、春になってようやく株いっぱいの花を咲かせてくれた! …

小さなピンクのバラのよう! プリムラジュリアン「イチゴのミルフィーユ」

昨年はいわゆる普通のプリムラジュリアンを植えたが、今年は園芸店で見かけて一目ぼれしたバラ咲きジュリアン「イチゴのミルフィーユ」という品種を植えてみた! 地植えで育てたが、冬の花が少ない時期に、庭の一角で小さなバラのような花を見せ続けてくれた…

レモンイエローと青紫のバイカラー! オステオスペルマム「ブルーアイビューティー」

この花を知ったのは、趣味の園芸・2020年3月号の記事だった。 この号にはオステオスペルマム特集のページがあり、「近年の人気品種」として紹介されていた。 その中で「ぜひとも育ててみたい!」と魅了されたのが、この「ブルーアイビューティー」であった…

シックな花色とフリルが素敵! 絵になるスミレ「ヴィーノ」

冬の花壇の強い味方、パンジー。 オーソドックスな黄色に黒の模様が入ったようなものをはじめ、様々な花色で庭を彩ってくれる。 さらに最近では品種改良の成果で、波打つフリルのような花びらのものも多く登場してきている。 この「絵になるスミレ」もその一…

花期が長く、冬の花壇を賑わす! 3年目のギョリュウバイ

ガーデニングを始めて最初の冬に開花した苗を迎えたギョリュウバイ。 翌年には大きく成長して、他の花が減る冬季にもたくさんの花を咲かせて庭を賑わせてくれた。 そして今シーズンの冬~春、さらに成長した姿で3回目の花を楽しませてくれている! 鉢植えだ…

青と黄色のコントラストに魅了される! 虹色スミレ(ロイヤルブルー)

昨シーズンも購入して、パステルカラーの美しい花を楽しませてくれたブランド苗のパンジー「虹色スミレ」。 昨年の「メープル」(赤と黄色の品種)に続き、今年は「ロイヤルブルー」(青と黄色の品種)を購入。 実は昨年も本当はこちらを買おうと思っていた…

植えっぱなしOKのラナンキュラス・ラックス「ロティス」! 1年目の成長記録

別記事でいわゆる普通のラナンキュラスについて書いたが、こちらは植えっぱなしOKとうたわれているラナンキュラス・ラックス。 普通のラナンキュラスは、春の終わりに球根を掘り上げて、また秋に植え直すのが一般的だが、この品種は夏でも植えっぱなしで翌年…

赤紫&白のパステルカラーのコントラスト! ビオラ「春ららら」(&「朝焼けのラビリンス」)

普通のビオラとはひと味違う花の形と色! 今シーズンも見元園芸さんのビオラ「春ららら」(と「朝焼けのラビリンス」)を植え付けてみた。 昨年も同じ見元園芸さんのうさぎ型ビオラ「ガゼルのかけっこ」を植えて大満足だったので、その嬉しい思い出を引きず…

こぼれ種も加わった今年のノースポール! 手間いらずで冬の花壇が賑わう!

昨年の冬にも植えて大満足だった一年草のノースポール。 今年も花壇の全く同じ位置に植えてみた。 1株だけ植えたつもりが、どうも昨年のこぼれ種からの発芽もあったようで、それらも加わってなかなか豪華になってくれた。 一年草は基本的に1シーズンだけ楽…

鮮やかな黄色の花いっぱい! パンジー・よく咲くスミレ(パイナップル)

冬から春のガーデニングの定番、パンジー。 季節になると園芸店にたくさんの苗が並ぶ。 パンジーは安いものだと100円を切っていたりもするが、初心者には200~300円のラベル付きの苗が育てやすい。 やはり少し値が張るだけあって、それほど手をかけなくても…

天を衝いて咲く逆さ藤! ルピナス「天までとどけ」成長記録

このブログでも何度も書いているが、自分は縦に穂状に咲く花が大好きである。 このルピナスも、かなり太めで豪華な穂状の花を咲かせてくれる植物の1つ。 「逆さ藤」の異名の通り、ちょうど藤の花を逆さにしたように空に向かって咲く。 昨年までは園芸店で見…

まるで魔城に咲く花!? フリル咲きパンジー「ドラキュラ」成長記録

秋~春の一年草の代表格であるパンジー。 ガーデニングを始めて1〜2年目はわりと普通のパンジーを植えていたが、ガーデニングブログなどを読みあさるうちに、様々な変わり種のパンジーがあることを知った。 この「ドラキュラ」もその一つ。 もはや「これは…

バラのような花がお手軽に! ラナンキュラス・早春のジュエリー

ラナンキュラス……この花に出会ったのは昨年の春ごろだったか。 園芸店で冬~早春に咲くバラのような花を見かけて、かなり心が魅かれたのを覚えている。 ただ少し調べると、球根植物ではあるものの毎年咲かせるには、花後に球根を掘り上げて保管し、また秋に…

冬の花壇後方の強い味方! ストック・ベイビー(ピンク)

冬の庭を彩る一年草の定番としては、パンジー・ビオラ、ノースポール、キンギョソウ、プリムラジュリアンといったところだろうか。 そしてこのストックも、寒さに負けずに花壇を彩ってくれるガーデニング材として欠かせないところだろう。 品種によっては100…

1年目のクレマチス・流星が初開花! 涼しげな花色に魅了される!

今年の初め、ついに手を出したクレマチス「流星」。 植え付けから5ヶ月、無事に成長して、ようやく花を咲かせてくれた! 初めてなので誘引などの勝手もわからずに何となく育てているだけであるが、バラを追いかけるように開花し、可憐な花を見せてくれてい…

輝くようなオレンジのバラ! ビブレバカンスが初開花!

メイアンのオレンジのバラ「ビブレバカンス!」が、植え付けてから最初の春を迎えて開花した! 初めての大苗からの植え付けであったが、無事に根付いて花を咲かせてくれて、感無量である。 大苗からの植え付けの他、初めてのフロリバンダ系のバラでもある。 …

3年目のオリビアローズオースチン、迫力を増した春の開花!

わが家で最初に買ったバラ、オリビア・ローズ・オースチン。 初めてのバラということで、様々なブログを見て回り、検討の結果初心者向けの頑健な品種ということで選んだバラである。 評判通り実に頑健で、わが家ではほぼ無農薬で元気に育ち、年々株を大きく…

今年も一面にピンクの小花が満開! 3年目のタイム・ロンギカウリス!

今年も楽しみな季節がやってきた。 春に一面のピンクのじゅうたんのような花を咲かせてくれるグランドカバー、タイム・ロンギカウリスの花期である。 グランドカバー、芝生の代わりの雑草対策として実に優秀で、花のない季節でもほぼ常緑で庭を彩ってくれる…

常緑で春に毎年咲く! 3年目のイベリス・ブライダルブーケが満開!

「毎年春にお世話になっています」と書き出したくなる宿根草(常緑低木)、イベリス・ブライダルブーケ。 花のない時期も常緑で、花壇の一角を彩ってくれる。 そして本領発揮の春、葉が見えなくなるくらいの無数のブーケのような白花で覆われて、目を楽しま…

薄紫色のベロニカ・ウォーターペリーブルー(3年目)が今年も満開!

人気の植物、ベロニカ・オックスフォードブルーの薄紫色バージョン、という感じの植物、ベロニカ・ウォーターペリーブルー。 オックスフォードブルーのはっきりした青紫色に比べて、こちらはパステルカラーの微妙な色合いが美しい! 育て方もオックスフォー…

枯れたかと思ったエビネラン(ジエビネ)が今年も開花!

昨年近所の方から突然頂いた、エビネラン(ジエビネ)。 初めは「ラン」の仲間らしい……ということしか分からず植えたが、コメントで教えてもらい、品種が判明した。(当時教えて頂いた皆様、ありがとうございました!) そのエビネランだが、昨年春に花を咲…

京成バラ園・GWの開花状況は? 「3分咲き」でも十分楽しめる!

2021年のゴールデンウィーク最終日、5月5日に京成バラ園を訪れた。 バラ園としての満開の時期は5月中旬以降なのだろうが、日々更新される開花状況で「3分咲き」と書かれていたので、混雑を避けてこの時期に行ってみた。 桜の花で「3分咲き」というと、…

今年も植えっぱなしでたくさんの花が! 3年目のハナニラ

3月中旬頃に咲き始めるキバナハナニラに続き、3月下旬に入って普通のハナニラの開花もどんどん進んできた! 毎年ほとんど同じ姿のキバナハナニラに対して、こちらは年を追うごとに株が大きくなり、花数も増えてきている。 完全に植えっぱなしで、水やりも…

様々なチューリップ(一重咲き、八重咲き、原種系)が開花!【2021】

ガーデニングの基本中の基本、チューリップ。 今年は様々な種類のチューリップを植えてみた。 いわゆる普通のチューリップ(一重咲き)、花びらが多い八重咲き、そして原種系のチューリップである。 チューリップといえば赤や黄色で一重咲きのコップのような…

3年目のベロニカ・オックスフォードブルーが満開! 青紫色の小花に引き込まれる!

今年もこの季節がやってきた。 ……と書き出したいくらい、毎年開花を楽しみにしている多年草・宿根草の「ベロニカ・オックスフォードブルー」である。 ほぼ手間いらず・植えっぱなしで、3月後半から無数の青紫色の小花を楽しませてくれて、花期以外も常緑の…

さらに迫力を増した2年目のムスカリが咲き並ぶ!

自分が大好きな青~紫系の穂状の花の一つ、ムスカリ。 今年も植えっぱなしで、律儀に青紫色のブドウのような花を見せてくれた! 昨年よりも、明らかに株が充実して、花の数も増えている! ほとんど手間もかからず、毎年春になると花を咲かせてくれる、ガーデ…

3月後半~4月に毎年咲く! 3年目のキバナハナニラ

ズボラガーデニングの強い味方、植えっぱなしで勝手に増えて何年も花を咲かせてくれる宿根草の一つ、キバナハナニラ。 今年も植えっぱなしで、水やりも肥料も全くやっていないにもかかわらず、3月後半には律儀に花を咲かせてくれた! 欠点としては花期がや…