ズボラな週末ガーデニング

多年草、宿根草を中心に、少し一年草とバラ。主に初心者向けのガーデニング情報!

★一年草

こぼれ種も加わった今年のノースポール! 手間いらずで冬の花壇が賑わう!

昨年の冬にも植えて大満足だった一年草のノースポール。 今年も花壇の全く同じ位置に植えてみた。 1株だけ植えたつもりが、どうも昨年のこぼれ種からの発芽もあったようで、それらも加わってなかなか豪華になってくれた。 一年草は基本的に1シーズンだけ楽…

鮮やかな黄色の花いっぱい! パンジー・よく咲くスミレ(パイナップル)

冬から春のガーデニングの定番、パンジー。 季節になると園芸店にたくさんの苗が並ぶ。 パンジーは安いものだと100円を切っていたりもするが、初心者には200~300円のラベル付きの苗が育てやすい。 やはり少し値が張るだけあって、それほど手をかけなくても…

天を衝いて咲く逆さ藤! ルピナス「天までとどけ」成長記録

このブログでも何度も書いているが、自分は縦に穂状に咲く花が大好きである。 このルピナスも、かなり太めで豪華な穂状の花を咲かせてくれる植物の1つ。 「逆さ藤」の異名の通り、ちょうど藤の花を逆さにしたように空に向かって咲く。 昨年までは園芸店で見…

まるで魔城に咲く花!? フリル咲きパンジー「ドラキュラ」成長記録

秋~春の一年草の代表格であるパンジー。 ガーデニングを始めて1〜2年目はわりと普通のパンジーを植えていたが、ガーデニングブログなどを読みあさるうちに、様々な変わり種のパンジーがあることを知った。 この「ドラキュラ」もその一つ。 もはや「これは…

冬の花壇後方の強い味方! ストック・ベイビー(ピンク)

冬の庭を彩る一年草の定番としては、パンジー・ビオラ、ノースポール、キンギョソウ、プリムラジュリアンといったところだろうか。 そしてこのストックも、寒さに負けずに花壇を彩ってくれるガーデニング材として欠かせないところだろう。 品種によっては100…

様々なチューリップ(一重咲き、八重咲き、原種系)が開花!【2021】

ガーデニングの基本中の基本、チューリップ。 今年は様々な種類のチューリップを植えてみた。 いわゆる普通のチューリップ(一重咲き)、花びらが多い八重咲き、そして原種系のチューリップである。 チューリップといえば赤や黄色で一重咲きのコップのような…

春~秋の庭にピンクの星空!花期の長いペンタス 成長記録

花期が長く、コンパクトに育ち、株いっぱいに星形の花を咲かせてくれるペンタス。 「趣味の園芸」8月の放送で初めてその名前を知り、欲しくなったので近所の園芸店に走り、衝動買い! 八重咲きのものやバイカラーのものなど、いろいろな園芸品種が出ている…

ビタミンカラーに元気をもらえる! キバナコスモス成長記録

園芸店で見かけて、その鮮やかなオレンジ色に魅了されて衝動買いしてしまったキバナコスモス。 コスモスといえば秋の花の代名詞のようなイメージだが、こちらのキバナコスモスは初夏から咲き始め、初冬まで開花し続けてくれる。 花色も、コスモスが爽やかな…

涼しげな紫と白のコントラスト! アンゲロニア・エンジェルフェイス 成長記録

個人的な花の好みから庭に多数植えている青~紫系の穂状の花の一つ、アンゲロニア。 園芸店で見かけるたびに気にはなっていたが、花壇の空きスペースとのタイミングが合わず、しばらく手を出せずにいた。 初夏になり、ちょうどそのタイミングが合ったのと、…

枯れかけの苗から復活! サフィニア・ラベンダーレース

今シーズンわりと積極的に購入しているラベル付き苗の一つ、サフィニア・ラベンダーレース。 ペチュニアのブランド苗で、先日記事にしたサフィニアアート・ももいろハートに続いて購入。 「花壇の中段に青いペチュニアが欲しいな……」と考えていて、園芸店で…

100輪咲きヒマワリ「サンフィニティ」を育ててみた!

昨年庭の一角にハルディンのミニヒマワリ「サンビリーバブル」を植えた。 初夏から晩秋まで長期間庭を明るく彩ってくれて大満足だったので、今年も植えようと思っていたところ、園芸店で似たようなミニヒマワリの「サンフィニティ」という品種があることを知…

輝くようなピンクと白のコントラスト! ビンカ(ニチニチソウ)ニルバーナカスケード

昨年は普通のニチニチソウを何株か育てたので、今年はラベル付きのブランド苗のニチニチソウをいくつか選んで育てている。 この「ニルバーナカスケード」もその一つ。 正式名称は、ラベルによると「ビンカ・ニルバーナカスケード・ピンクスプラッシュ」とい…

青い花が無数に咲くアズーロコンパクト(スカイブルー)! 摘芯・切り戻しを繰り返してふんわりと!

3~4月頃に園芸店に行くと、おそらくどこでもこの花が見本の鉢に入って、鮮やかに無数の花を咲かせていると思う。 サントリーのロベリア、「アズーロコンパクト」である。 ガーデニングを本格的に始めた昨年も園芸店でよく見かけたが、当時はまだこういっ…

真夏の花壇にピンクの星が瞬く! 星咲きニチニチソウ「初恋」

ニチニチソウといえば丸っこい花びらが5枚重なるように咲く、夏のガーデニング植物の代表格であるが、最近は品種改良によってさまざまな花色・花形のものがたくさん売られるようになっている。 この「初恋」もそのうちの一つで、星咲きニチニチソウとよばれ…

ワインレッドのシックなニチニチソウ! ビンカ・タトゥー

この何とも言えない深い赤色(ワインレッド)。 ブランド苗の「ビンカ・タトゥー」である。 (「ビンカ」という流通名はニチニチソウのことをさす) ニチニチソウ 「ビンカ・タトゥー」 ニチニチソウといえば、白や明るい赤、爽やかな薄紫などの鮮やかな花色…

花びらにハートの模様が素敵なペチュニア! サフィニアアート・ももいろハート

今年育てている一年草のうち、ペチュニアの園芸品種をご紹介。 サントリーのペチュニア「サフィニア」シリーズの一つ、「ももいろハート」である。 夏の初心者向けガーデニング植物の定番といえば、ペチュニア・カリブラコア・ニチニチソウといったところが…

ガーデニング初心者におすすめ! 花壇を彩った育てやすい一年草まとめ【2019~2020春】

春の花の記事もようやく一段落してきたので、昨年から今年の春までにわが家の花壇を彩ってくれた、初心者でも育てやすい一年草をまとめてみる。 自分の庭づくりの基本方針としては、多年草・宿根草が花期を迎えるにつれて順に花を咲かせていきながら、残りの…

やっぱりマーガレットもラベル付きが強いか!? ドーム状に花いっぱい!

春の花の代表格の一つとして、このマーガレットが挙げられるだろう。 昨年はラベル無しの普通のマーガレットを植えたが、これもそれなりに株が大きくなり、長く花を咲かせてくれて満足した。 (たぶん園芸初心者がみんな通る道なのだと思うが)昨年1年間で…

手間いらずで晩秋~春の花壇が華やぐ! ガーデンプリムラ・アラカルトシュシュ(イエロー)

冬の間花壇が寂しくなるので、花壇の前面で華やかに咲いてくれそうな一年草を探していた。なるべく手間いらずのガーデニングを目指しているので、ブランド苗は積極的に買う主義である。 そんな中、ふと園芸店で出会ったのがこの「ガーデンプリムラ・アラカル…

赤紫色の花が無数に咲き続ける! フロックス コンフェッティラベンダー

イングリッシュガーデン(風)の庭を目指しているので、青系、紫系の花を見るとつい衝動買いしてしまう。 このフロックス・コンフェッティラベンダーもそんな勢いで買った品種である。 結果としては少ない手間で綺麗な花が長期間咲き、大満足であった。 何も…

夏に負けず元気に咲く! サンパチェンス(コロナオレンジ)

この何とも言えないオレンジ色である。 オレンジレッド、というのだろうか。今にも燃え盛りそうなオレンジ色に惹かれ、衝動買いした苗である。ブランド苗なので育てやすく、初心者向き。 サンパチェンス コロナオレンジ

ひと味違う模様と色合い。丈夫で育てやすいパンジー! 虹色スミレ(メープル)

「パンジー」と聞いたときに、最もよくイメージされるのはどのような花だろうか? おそらく黄色い花びらで、中央に黒い模様が入っている姿なのではないだろうか? ガーデニングを始める前は、(紫とか他の色もあることは知っていたが)真っ先にイメージされ…

まるでウサギのダンス!? ビオラ「ガゼルのかけっこ」

ガーデニングを始めて以来、生産者の方々の熱意には脱帽しきりである。 どうやったらこんな形の花が生まれてくるのだろうか? 本当にウサギのようである(ラベルからするとガゼルなのだろうが、自分にはウサギにしか見えない(笑))。ブランド苗なので育て…

真冬のマーガレット! ノースポール(マーガレットとの違いも解説)

これもガーデニングをしている人には常識・定番だが、興味のない人には全く名前を知られていない植物だろうシリーズ。今回は「ノースポール」を「マーガレットとの違い」も含めて紹介する。 ローダンセマムと並んで、冬にアラリア・サンキングの留守を預かる…

冬の庭に撫子色の彩り! ローダンセマム・リルピンク

夏の間アラリア・サンキングがライムグリーンで埋め尽くしてくれていたスペースが冬になると空いてしまう。そのスペースを冬の間守ってくれる冬〜春の一年草として浮上。ローダンセマム・リルピンクである。 ローダンセマム・リルピンク 乾燥した土が出てい…

今年もチューリップが開花! ムスカリとの共演も美しい!

遅ればせながら、わが家でもチューリップが開花した! 途中、季節外れの雪が降るなどの艱難辛苦を乗り越えて、茎をのばして花を咲かせる姿に勇気づけられる。 今年も開花したチューリップ

ヒマワリの常識が変わる!? 1000輪咲きヒマワリ・サンビリーバブル

ヒマワリ…とても馴染み深い花であると同時に、どうしても「小学校低学年で植える花」という印象が拭いきれずにいた。この品種は、そんなイメージを覆すヒマワリではないだろうか。 ヒマワリ・サンビリーバブル 背が高く茎の先に大きな花が咲く通常のヒマワリ…

冬の庭に山吹色の太陽! カレンジュラ「寒さ知らず」

冬の庭の彩りとして、黄色の花の候補に上がったのが「カレンジュラ」であった。 ただ冬に咲くタイプは一般に「冬知らず」という品種で、1〜2cmくらいの小ぶりな花が咲く。 もう少し大きいものはないかな…と探していたら、園芸店(ファームユニバーサル千葉)…

シルバーリーフも楽しめる! ネモフィラ・プラチナスカイ成長記録

ネモフィラといえば茨城・ひたち海浜公園の花畑が有名だろう。 一面に咲く青のじゅうたんに憧れ、そこまではいかなくても庭で花を楽しんでみたいと思ってとりあえず一株購入してみた。 そしてごく普通の苗を買えばいいのに、ジョジョの「スタープラチナ」が…

はるまついぶき③〜チューリップ

ムスカリと同じく球根植物のチューリップ。昨年は赤いチューリップで揃えて咲かせてみた。今年は…? チューリップ 昨年の4月の様子