ズボラな週末ガーデニング

多年草、宿根草を中心に、少し一年草とバラ。主に初心者向けのガーデニング情報!

深い青色の小花に魅了される! ロベリア「ダークオーシャン」


スポンサーリンク

昨年はサントリーのロベリア「アズーロコンパクト」を庭に植えて楽しんだ。

ロベリアの魅力を知ったので、「今年もアズーロコンパクトを色違いで買おうかな……」と思っていたのだが、園芸店でこのロベリア「ダークオーシャン」を見かけて、既に咲いていた深い青色の花に魅了され、衝動買いしてしまった……!

アズーロコンパクト同様、花期が長く、春から秋までの長期間、庭を彩ってくれる。

ブルーガーデンをつくりたいなら、ぜひともおすすめである。

夏越しがやや難しいので一年草扱いが気楽だが、本来は多年草宿根草)で、ときどき切り戻す程度でふんわりとたくさんの花を咲かせてくれて、ガーデニング初心者向け。

ロベリア ダークオーシャン 成長記録 夏越し 冬越し 多年草 宿根草 苗 庭 花言葉 切り戻し

ロベリア「ダークオーシャン」が満開!

 

 

ロベリア「ダークオーシャン」の特徴と育て方

一般的なロベリアは、2cmくらいの大きさの小さな花をたくさん咲かせる植物。

この「ダークオーシャン」は、深い青色の花を無数に咲かせる。

本来は多年草だが、夏越しがやや難しい。一年草扱いと割り切って、春から夏まで楽しむだけでもいいかも。

「宿根ロベリア」とラベルに書いてあるものや、サントリー「アズーロコンパクト」などは、比較的夏越ししやすく品種改良されている。

花言葉「謙遜」「悪意」など。可憐な花姿なのに「悪意」とは何だかかわいそうな花言葉である…。

 

花期

4月~10月くらい(わが家では夏越しできず枯れてしまったが…(笑))。

大きさ

高さも幅も、およそ20 cmくらい。植え付けたときからそれほど大きくならず、コンパクトに咲き続ける。

水やり

地植えならほぼ不要だが、乾燥にはそれほど強くないので、夏に晴れが続いたら多少は水やりした方がいいかも。

鉢植えなら土が乾いたらたっぷりと。

肥料

植え付け時にマグァンプ。あとは他の花のついでに発酵油かすをまいたことがあった程度。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はそれほど高くないようなので、鉢植えなら冬は室内に入れた方がよさそう。わが家ではそもそも地植えで、夏越しできず枯れてしまったので未確認。

耐暑性も、いわゆる普通のロベリアよりは高いのだろうが、それでも近年の猛暑はきついかも。わが家では半日陰の場所に植えていたが、夏の終わりに枯れてしまった。

 

植え付け、成長記録

4月下旬

苗を購入して植え付け。

ロベリア「ダークオーシャン」植え付け 4月25日

ロベリア「ダークオーシャン」植え付け 4月25日

 

購入時、既にかなりの数の花が咲いていたが、根張りを優先して、咲いている花の大部分をカットする(未練がましく、多少残しているが(笑))。

ロベリア「ダークオーシャン」植え付け後切り戻し 4月25日

ロベリア「ダークオーシャン」植え付け後切り戻し 4月25日



5月中旬

切り戻してからおよそ3週間後、だいぶ花数が増える。

深い青色に魅了される!

ロベリア「ダークオーシャン」 5月16日

ロベリア「ダークオーシャン」 5月16日



5月下旬

5月の終わりには、さらに花数を増やして咲き続ける!

庭の一角に涼しげな青いかたまりがある、という感じ。

ロベリア「ダークオーシャン」 5月30日

ロベリア「ダークオーシャン」 5月30日



6月下旬

そのまま、ほぼ絶えることなく咲き続けて、庭を彩ってくれた。

ロベリア「ダークオーシャン」 6月27日

ロベリア「ダークオーシャン」 6月27日

 

とはいえ、さすがに花数が少し減ってきていたので切り戻し。

ロベリア「ダークオーシャン」 切り戻し 6月27日

ロベリア「ダークオーシャン」 切り戻し 6月27日



7月下旬

約1ヶ月後、再びたくさんの花を咲かせてくれた。

ロベリア「ダークオーシャン」 7月22日

ロベリア「ダークオーシャン」 7月22日

 

……が、写真の左側の方が少し枯れている……!

枯れてしまったところはカットして様子を見る。

ロベリア「ダークオーシャン」 7月22日

ロベリア「ダークオーシャン」 7月22日



8月下旬

そのまま8月上旬くらいまでは咲き続けてくれたが、中旬~下旬になって、急速に枯れてきてしまった。

ロベリア「ダークオーシャン」 8月21日

ロベリア「ダークオーシャン」 8月21日

 

強い乾燥には弱いとのことなので、地植えとはいえ、夏の晴れが続いたときにはもっと水やりをした方がよかったかもしれない。

わずかに緑の葉が残っているが、もうダメそうかも……。

 

9月下旬

結局そのまま復活することなく、すっかり枯れてしまった。

地植えなので猛暑でも場所を変えたりできないので仕方ないが……。

ロベリア「ダークオーシャン」 9月20日

ロベリア「ダークオーシャン」 9月20日

 

地植えで夏越ししようと思ったら、近年の猛暑を避けるために日陰を作ったりした方がいいかもしれない。

とはいえ、4月~8月上旬まで楽しませてくれたので、一応満足といったところ。

 

花のアップ

最後に花のアップを。

園芸店で売られているときから、この深い青色に魅了され続けた。

夏越し・冬越しして、来年も楽しみたかったなあ……。

ロベリア「ダークオーシャン」 花のアップ

ロベリア「ダークオーシャン」 花のアップ



おわりに

深い青色が魅力のロベリア「ダークオーシャン」。

残念ながら夏越しできずに枯れてしまったが、鉢植えで場所を変えたり、地植えでも適切に日陰を作ったりすればもっと長く楽しめるかもしれない。

できれば「こんなふうに上手に、長く咲かせました!」という成長記録だけを記事にしたいところであるが、このブログは初心者の試行錯誤を正直に紹介するスタンスなので、失敗も含めて参考にしていただければ……(笑)。

 

夏越しはやや難しいものの、夏には枯れる一年草と割り切れば、初心者でも4月~7月くらいまでは楽しむことができるだろう。

上級者の方は、夏越し・冬越しにも挑戦してみてはいかがだろうか。

 

ロベリア「ダークオーシャン」(楽天の商品ページへ移動します)

 

( ↓ 比較的夏越しが容易なロベリア「アズーロコンパクト」の記事はこちら!)