ズボラな週末ガーデニング

多年草、宿根草を中心に、少し一年草とバラ。主に初心者向けのガーデニング情報!

サントリーのグランドカバー「タピアン」を育ててみた! 花期が長く、元気に繁殖!


スポンサーリンク

春に園芸店を訪れた方は、サントリーのグランドカバー「タピアン」が気になったのではないだろうか。

クリーピングタイム(タイム・ロンギカウリスなど)やベロニカ・オックスフォードブルーなどの花が咲くグランドカバーはたくさんあるが、花期は1ヶ月ほどのものが多い。

それはそれで季節が感じられて楽しいのであるが、この「タピアン」はラベルを確認すると春から晩秋まで咲き続けるとのことで、綺麗なピンク~紫系の花色と合わせてすぐに気に入り、衝動買いしてしまった。

購入を迷っている方のために、実際に育ててみた成長記録を書いてみる。

タピアン 雑草対策 よく広がる 芝生の代わり 特徴

サントリーのグランドカバー タピアン!

 

 

タピアンの特徴と育て方

花苗で有名なサントリーのブランド苗サフィニアアズーロコンパクトなどが有名だが、こちらはグランドカバーとして使える品種。

色は今回購入した「ラベンダー」の他に、「パープリッシュホワイト」「バイオレット」「ローズ」も含めた4色がある。基本的にはバーベナの仲間らしい。

花期

4月~11月。グランドカバーとしては花期が長いのが魅力。

大きさ

本体の葉は高さ5cmくらい。花茎は15~20 cmくらい。

水やり

地植えならほぼ不要。鉢植えなら土が乾いたらたっぷりと。

肥料

植え付け時にマグァンプ。あとは花をたくさん咲かせ続けたいのならば時折液肥や緩効性肥料を与えるとよいらしい。自分も他の花のついでに思い出したように液肥をやったりしている。

広がり方

タイムイカンドラなどと異なり、ランナーを伸ばして根付きながら広がるのではなく、あくまで根は植え付けた株元周辺で、茎を伸ばしてある程度の範囲をカバーする感じ。

花がら摘み

花が終わったら花茎ごと切り戻すと、しばらくしてまた新たな花が咲く。これを繰り返すことで、長い間花を楽しめる。

耐寒性・耐暑性

まだ夏・冬を越していないが、温暖な地域であれば冬越しできるとのこと。

 

植え付け、成長記録

3月中旬

ホームセンターで2株購入して植え付け。

サントリーの花苗と言えば1年草のサフィニアアズーロコンパクトなどが有名だが、「グランドカバーも出していたのか!」と驚き、花期の長さにも感心して衝動買い。

タピアン 植え付け 3月11日

 

4月下旬

早速はじめの蕾が現れ始める!

この時期は周囲のタイム・ロンギカウリスなどに押されがちな感じ。

タピアン 4月22日


5日後、最初の開花!

タピアン 4月27日

 

5月上旬

だいぶ花が増えてきた!

周囲のタイム・ロンギカウリスベロニカ・ティダールプールなどとのコラボも美しい!

タピアン 5月3日


ここから数日の間にかなり花が増えてくる。

タピアン 5月8日



5月中旬

初めに咲いた花が終わりを迎えてきたので、花がら摘みを兼ねて少し切り戻す。

タピアン 5月17日

 

5月下旬

1週間もすると、また株が花で包まれる!

タピアン 5月24日

 

6月上旬

また5月下旬に咲いた花が終わり、切り戻し。

ここまでマメに切り戻さなくても次の花が咲いてくるのかもしれないが、わりと旺盛に広がろうとするので、周囲とのバランスを取りながらときどき調整をしている。

タピアン 6月7日

冬の植え付け時には影も形も見えなかった宿根草ホスタ(ギボウシ(※中央の大きな葉)もだいぶ大きく成長してきている。

というか、ここにホスタを植えてあったのをほとんど忘れていた。

植え付け時の写真にもしっかりラベルが挿してあるのに、見えていなかったのだろうか(笑)。

 

6月下旬

また株が花で包まれる!

育てている間は何となく花が終わった茎をカットし続けている感じだが、こうやって記事にすると、同じことをひたすら繰り返して花が咲き続けていることがよく分かってくる。

タピアン 6月30日

周囲のタイムやベロニカなどの花が終わっても、タピアンはひたすら咲き続けている。普通のバーベナ同様、花期はだいぶ長い模様。

植え付け時よりもだいぶ範囲が広がっている。

 

7月上旬

少し引いた視点から。

左側のアズーロコンパクトや、周囲で茂り始めたアサギリソウ、ホスタなどといい感じで調和している気がする。

タピアンとその周辺 7月5日

 

普通のバーベナとの比較

別で育てている、バーベナ「桜スター」との比較。

(左)バーベナ・桜スター (右)タピアン

グランドカバーとして購入したが、こうやって並べてみると、花の形といい蕾の形といい、確かにバーベナの仲間なのだということがよく分かる。

それでいて繁殖力はかなり旺盛で、かなり広がりながら何度も花を咲かせてくれてありがたい限り。

 

おわりに

サントリーのグランドカバー、タピアン。

ホームセンターなどで見かけて、気になっていた方も多いのではないだろうか。

 

クリーピングタイムなどのグランドカバーは花期が短いものが多い中、冬を除いて1年中花を咲かせてくれてとてもありがたい。

踏みつけにはそれほど強くなさそうなので、あまり足を踏み入れない場所のグランドカバーとしていかがでしょうか。

 

まだ春~初夏までの様子しか観察していないが、これから真夏~秋にかけて庭を彩り続けてくれることを期待したい!

 

( ↓ タピアンのリンクです)


【サントリー】タピアン3号サイズ 1ポット

 

 

( ↓ 記事に出てきたバーベナ・桜スターの記事はこちら!)

( ↓ おすすめグランドカバーのまとめ記事はこちら!)