ズボラな週末ガーデニング

多年草、宿根草を中心に、少し一年草とバラ。主に初心者向けのガーデニング情報!

コルデスのバラ「ティップントップ」鉢苗(開花苗)の植え付けと初冬の開花!


スポンサーリンク

たくさんの花を楽しませてくれたピンクのバラ「ローズ・ポンパドゥール」が残念ながら枯れてしまったので、その後釜となるバラを探していた。

次は黄色いバラが見たい、そしてまだ植えたことのないハイブリッドティー(HT)で、耐病性の高いものを……と思っていろいろと調べた結果、このコルデスのバラ「ティップントップ」が浮上。

京成バラ園にて、秋の鉢苗として売られているのを発見できたので、早速購入して植え付けてみた!

花が咲くのは来春になりそうだが、ひとまず鉢苗(開花苗)の植え付け手順を、備忘録も兼ねて記録しておく。

コルデス バラ ティップントップ ブログ 鉢苗 開花苗 地植え 庭植え 植え方 植え付け方 耐病性 ハイブリッドティー

コルデスのバラ「ティップントップ」 鉢苗の植え付け! 10月24日

 

 

ティップントップの特徴と育て方

・ドイツの歴史あるバラのメーカー、コルデスの2015年作出の、まだ新しいバラ。

・ややオレンジ色がかった黄色い花(クリームオレンジ)を咲かせる。

・最大の特徴は耐病性の高さだろう(バラの家の評価ではType0)。黒星病、うどんこ病に極めて強く、地植えでもほぼ無農薬で育てられる。

・香りは中香で、フルーツのような香り。

四季咲きのハイブリッドティーで、比較的直立して枝を伸ばす。誘引して小さめのつるバラのようにも使えそう。

 

( ↓ ちなみに、こんなバラです。まだ自分のは咲いてないので……)

 

( ↓ ハイブリッドティーフロリバンダ、シュラブなどのバラの分類について、詳しくはこちらに書きました)

 

バラ「ティップントップ」 鉢苗(開花苗)の植え付け方

植え付け前の準備

まず、植えるにあたってバラ苗以外に、

 ・ マイローズ バラの培養土(10 L) 3袋

 ・ 特選有機 濃いバラの肥料

 ・ 花ごころ バラ専用マルチングチップ

を購入している。

 

バラの土は、もともとの庭土がそこそこ良い土であればそのまま堆肥等を加えて植え付けてもいいのだろうが、わが家の庭土は建売でもともと入っていた粘土質の土なので、穴を掘って培養土をそのまま投入している。

加えて、バラには忌地現象(連作障害)があるので、以前にバラを植えていた場所に続けて別のバラを植える場合は、土壌改良や土の入れ替えをした方がいいらしい。

植え付け時には堆肥等を加える、と様々なところで書いてあったが、この培養土には堆肥等も含まれていそうなので、特に追加で加えたりはしなかった。

他の場所のバラも、この程度で今のところ元気に育っている。

 

( ↓ 上記商品のリンクです)

 

 

 

鉢苗(開花苗)の植え付け手順

※ いくつかの本やサイトを参考にしたりしつつ、面倒なところは省いたりして、多少自己流です。今のところこの程度でもよく育っています。

 

鉢苗(開花苗)の植え付け手順(簡単なまとめ)

実施した植え付け手順を簡潔にまとめると以下の通り。

① バラを植える穴を掘る。大きさは、縦・横・深さ 50 cmくらい。
② 穴の底をシャベルでザクザクと耕し、肥料を商品の指示に従って入れ、上から土をかぶせる。
③ 鉢から苗を取り出す。鉢苗(開花苗)の場合は、根鉢は崩さずにそのまま植える。木の部分を持って引っこ抜くのではなく、土の部分を手のひらで持ち、逆さにして出す。抜けにくいときは、鉢を横に倒して、トントンと叩いてやると抜けやすい。土が乾いていると根鉢が崩れたりするので、事前に水をやっておくとよい。
接ぎ木部分のテープは外す。
⑤ 植え穴に少しずつ培養土を入れ、苗を置いたときに接ぎ口が地面の上に出るように、高さを調節する。
⑥ 少しずつ、軽く手で土を抑えながら、周りと同じ高さまで土を入れていく。
⑦ 苗の周りに、余った土で水鉢(堤防のような形)をつくる。
⑧ 水鉢の中に、たっぷりと水をやる。植え付け時はバケツ一杯分くらい、たっぷりとやるとよい。
⑨ 水が引いたら水鉢を崩し、乾燥防止等のためマルチングをして完了。植え付けから2週間くらいは、地植えでも水やりをした方がよい。

 

鉢苗(開花苗)の植え付け手順(画像付き)

以下、画像付きで順に見ていく。

 

① バラを植える穴を掘る。

大きさは、縦・横・深さ 50 cmくらい。

① 植え穴を掘る

① 植え穴を掘る

 

② 穴の底に肥料を入れる

穴の底をシャベルでザクザクと耕し、肥料を商品の指示に従って入れ、上から土をかぶせる。

② 肥料を入れて土をかぶせる
② 肥料を入れて土をかぶせる
② 肥料を入れて土をかぶせる

 

③ 鉢から苗を取り出す。

事前に水やりをしておくと根鉢が崩れにくいので十分に与えておく。

③ 鉢から取り出す前に水やり

③ 鉢から取り出す前に水やり

 

抜けにくいときは、鉢を横に倒して、トントンと叩いてやると抜けやすい。

③ 鉢を横に倒してトントン叩き、根鉢を取り出す
③ 鉢を横に倒してトントン叩き、根鉢を取り出す
③ 鉢を横に倒してトントン叩き、根鉢を取り出す

③ 根鉢を取り出したところ

③ 根鉢を取り出したところ

 

④ 接ぎ木部分のテープを外す。

(新苗は外さないが、大苗や鉢苗は外して植えつける)

④ 接ぎ木部分のテープは外す
④ 接ぎ木部分のテープは外す
④ 接ぎ木部分のテープは外す

 

⑤ 植え穴に入れて高さを調整

植え穴に少しずつ培養土を入れ、苗を置いたときに接ぎ口が地面の上に出るように、高さを調節する。

⑤ 高さを調節し、接ぎ木部分が土の上に出るようにする

⑤ 高さを調節し、接ぎ木部分が土の上に出るようにする

 

⑥ 土を入れていく

少しずつ、軽く手で土を抑えながら、周りと同じ高さまで土を入れていく。

⑥ 少しずつ固めながら土を入れる

⑥ 少しずつ固めながら土を入れる

 

⑦ 水鉢をつくる

苗の周りに、余った土で水鉢(堤防のような形)をつくる。

⑦ 苗の周囲に水鉢をつくる

⑦ 苗の周囲に水鉢をつくる

 

⑧ 水鉢の中に、たっぷりと水をやる。

植え付け時はバケツ一杯分くらい、たっぷりとやるとよい。

⑧ 水鉢の中に、たっぷりと水やり

⑧ 水鉢の中に、たっぷりと水やり

 

⑨ マルチング

水が引いたら水鉢を崩し、乾燥防止等のためマルチングをして完了。植え付けから2週間くらいは、地植えでも水やりをした方がよい。

⑨ 乾燥防止のため、マルチングをする

⑨ 乾燥防止のため、マルチングをする

マルチングは乾燥防止のほか、水がはねて葉に付いて、黒星病になるのを防ぐ効果があるらしい。

 

これで植え付けは完了!

 

おわりに

初めてのハイブリッドティーのバラ、ティップントップを購入できた!

あとは無事に根付いてくれることを願うのみ。

来年の春に、鮮やかな黄色いバラと出会えるのが楽しみである。

 

2021.12.5追記 初冬に咲きました!

上の記事を書いた時点では、「開花は次の春までおあずけかな……」と思っていた。

しかし、伸びた枝からつぼみが少しずつ咲き始め、12月5日、もうすっかり寒くなってきた時期に開花してくれた!

バラ ティップントップ コルデス アプリコット イエロー 秋植え 冬の花

秋に植えたバラ、ティップントップが初冬に開花!

来年の春には、この花がたくさん見られるのが楽しみである!

 

 

( ↓ 他のバラ関連の記事はこちら!)