ズボラな週末ガーデニング

多年草、宿根草を中心に、少し一年草とバラ。主に初心者向けのガーデニング情報!

花好きは必見! ふなばしアンデルセン公園の魅力


スポンサーリンク

千葉県のふなばしアンデルセン公園をご存じだろうか?

トリップアドバイザーでディズニーランドとシーに次ぐ3位、アジアの人気テーマパークでも上位にランクインされた公園である。子どもが楽しく遊べる場所、というイメージもあるだろうが、実は大人でも、特に花好きにとっては散歩するだけでも楽しめる場所なのである。

f:id:an-ei:20200225145136j:plain

アンデルセン公園 秋の南ゲート

 

 

 

 ふなばしアンデルセン公園の紹介

 ・アクセス等、公園全体の紹介はホームページ参照。簡単なのは、新京成線三咲駅からバスで15分程。駐車場も豊富なので車も便利。
・公園全体がアンデルセンの故郷、デンマークをイメージした雰囲気。
・アスレチック、ボート、広場、水遊び、動物とのふれあいエリアなど、1日遊べる場所。
・そして何より、園内のいたるところに植えられた花の数々! アスレチック等で遊ばない大人でも、花好きなら散歩するだけでも価値がある時間を過ごせる。

f:id:an-ei:20200225145155j:plain

アンデルセン公園 3月

 

花を中心に紹介…

アトラクション等については他のサイトで山ほど紹介されていると思うので、ガーデニングブログ的には花の植栽等を中心に紹介する。

f:id:an-ei:20200225145109j:plain

アンデルセン公園 花壇の様子


園内はデンマーク(と言ってもフィンランドスウェーデンなどとの違いがわかっているわけではないので、ざっくり北欧風と感じているだけだが)の建物や風車、噴水などが立ち並ぶ。

f:id:an-ei:20200225145429j:plain
f:id:an-ei:20200225145149j:plain
アンデルセン公園入口付近 秋と冬の様子


そして園内のいたるところに季節の花の植栽。

ガーデニングをするようになり、広い範囲を埋め尽くす苗を見ると「お金かけてるなぁ…」と感じる(笑)。

f:id:an-ei:20200225145117j:plain
f:id:an-ei:20200225145112j:plain
アンデルセン公園 池にかかる橋のハンギング


秋の様子。イベントドーム近くに一面のコスモス。冬にはパンジービオラで埋め尽くされる。

f:id:an-ei:20200225145145j:plain

アンデルセン公園 秋のコスモス


池沿いの道にはかなり大きなギョリュウバイも植えられていた。

自分のギョリュウバイもあんなに大きく、見事な花を咲かせてくれるようになることを願う。

 

ちょっとした花壇もとことん花で埋め尽くされている。

f:id:an-ei:20200225145107j:plain
f:id:an-ei:20200225145124j:plain
アンデルセン公園 花壇の花々


冬にはクリスマスローズがたくさん。これに限らず、園内の花には結構花の名前(例えばパンジーの細かな品種名なども)書かれているので、後に自分が植えるときの参考になる。クリスマスローズの鉢植えの販売会も行われている様子。

f:id:an-ei:20200225145127j:plain
f:id:an-ei:20200225145130j:plain
アンデルセン公園 クリスマスローズの鉢植え

 

写真を撮り忘れたがバラのエリアもあり、先日初の剪定を終えたばかりの自分は大変参考になった。春にはたくさんのバラが見られそう。またその時期に訪れよう。

 

おまけ 水遊び場で感じた脳のはたらき

ちなみに広場の水遊び場は現在工事中で水が抜いてある。

f:id:an-ei:20200225145201j:plain
f:id:an-ei:20200225145205j:plain
アンデルセン公園 広場の池の水が抜かれている様子


水が抜かれた池の底を歩くと、ゼルダで何らかのスイッチを押した後のような感覚になる。「これであの水底の宝箱が取れるな。でも後で船を使うためにはもう一度スイッチを押して水を戻さなくては…」という思考である。

一昔前ゲーム脳という言葉が流行ったが、本当のゲーム脳とは脳のβ波が低下するとか何とかではなく、こういう状況でこういう思考をしてしまう「脳の謎回路」ができることだと思う(笑)。

 

行く度に季節の花が感じられるアンデルセン公園。大人だけで春や秋の散歩をするのにもおすすめである。


スポンサーリンク